「第11回総合デザイン学科卒業制作展」と関連イベント開催のお知らせ
イベント情報  

「第11回総合デザイン学科卒業制作展」と関連イベント開催のお知らせ

総合デザイン学科では、4年間の集大成として卒業研究・作品の制作と展示会を実施しており、今年で11回目の開催となります。今年は2020年2月12日〜16日に開催。本展示会は当学学生によるデザインの成果発表の場であり、会場ではデザインした本人から作品について話を聞くこともできます。ぜひこの機会につくばへお越しください!

総合デザイン学科卒業制作展の様子1総合デザイン学科卒業制作展の様子2

総合デザイン学科では、4年間の集大成として卒業研究・作品の制作と展示会を実施しており、今年で11回目の開催となります。

デザインの様々な分野の専門知識と技術を身につけた学生は、社会に対してデザインによる問題の解決や現状の改善、新たなライフスタイルや価値観の提案、自身の経験を元にした聴覚障害に配慮したデザイン等、1年間かけてテーマの決定から調査、コンセプトの立案、作品や論文の制作を行います。

本展示会は聴覚障害を持った学生によるデザインの成果発表の場であり、会場ではデザインした本人から作品について話を聞くこともできます。ぜひこの機会につくばへお越しください!

開催概要

つくば市市民ギャラリー

・日時:2020年2月12日〜2020年2月16日 9時~17時 (初日は14時~、最終日は14時15分まで)

・会場:つくば市市民ギャラリー(〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2丁目7−5)
・アクセス:つくばエクスプレス「つくば駅」下車A2出口より徒歩4分

 

会場マップ(Google Map)

2019年度 卒業制作作品テーマ

総合デザイン学科卒業制作展の様子3総合デザイン学科卒業制作展の様子4

製品デザイン領域

・携帯性の高い踏み台の制作
・オノマトペをイメージしたテーブルウェアの制作研究

環境デザイン領域

・様々なニーズに応えたラブホテルの在り方の提案
・コーダの支援と出会いの場所となるシェアハウスの提案
・人間と動物が共存できる場
・多様なニーズに対応したライブハウスの設計
・寄宿舎の建築計画の再考- つながる、ひろがる、寄宿舎―

視覚伝達デザイン領域

・聴覚障害者向け日本語字幕付き邦画の鑑賞機会増加・字幕読み取り時の負荷軽減に関する研究
・手話による敬語表現を学べる教材
・人工内耳装用者の実態調査と当事者体験を基とした書籍の制作
・若い女性を対象とした「インスタ映え」する写真の制作と評価
・聴覚障害者が音楽を視覚で楽しめる映像の提案̶モーションタイポグラフィによる、ボーカロイド音楽を用いた表現手法の試み
・LGBT の理解を深めるための教材

 

卒業生へお知らせ

退職教員の記念パーティーのお知らせ

今年度で退職される長島一道先生の退職記念パーティーを予定しております。

開催要項

日時:2月16日(日)16:30受付開始 17:00開会 19:30閉会
会場:オークラフロンティアホテルつくば本館3階ジュピター(TXつくば駅徒歩5分)
会費:社会人 8000円(お花やお祝い品の購入費を含みます) 

パーティーでは、長島先生による講演を予定しております。

退職記念パーティーへ参加ご希望の方は下記アドレスより必要事項の入力をお願いいたします。

https://forms.gle/VGoGBpQZTwfWh449A


社会人学び直しプログラムのお知らせ

社会人学び直しプログラム『仕事に活かせるグラフィックデザインを学ぶ』として2つの講座を開講します。

懐かしい教室で、久しぶりに本学教員の授業を受けてみませんか?

開催要項

日時:2020年2月16日(日) 講座A:10:30〜12:00  講座B:12:30〜14:00
場所:筑波技術大学総合デザイン学科117コンビューター実習室
費用:無料
申込方法:氏名、メールアドレス、希望講座(AB両方、講座Aのみ、講座Bのみ)を伊藤(michiyo[at]a.tsukuba-tech.ac.jp)までご連絡ください(※[at]を@に置き換えてください)。
締切:1月31日(金)

 

『仕事に活かせるグラフィックデザインを学ぶ』

講座A(10:30〜12:00)

色覚の多様性に配慮した配色法 担当:井上 征矢 教授

色覚の多様性に配慮した配色法を学びながら、仕事でこれまで作成した成果物についての再考をします。ポスターチラシなどの印刷物、サイン・案内表示、WEB、設計図面、プレゼン資料など成果物があればご持参ください。

講座B(12:30〜14:00)

インデザインによる版面計画(雑誌レイアウト) 担当:鈴木 拓弥 准教授

仕事や趣味でイラストレーターでレイアウトしている方、そろそろ本格的にインデザインを使ってみませんか? 雑誌レイアウトを題材に、インデザインを始める上でのポイントやファーストステップを分かりやすく教えます。

RECOMMENDこの記事を読んだ方にはこちらもオススメ!